営業が苦手なトップセールスマンはトークは不要

営業トークが上手なだけの人がトップセールスマンになれない理由

口下手、人見知り、人と話すのが苦手な人って大勢いますよね。
あなたもその一人ではないですか?

話すのが苦手だから営業なんてできない
自分に自信がないから人の目を見て話すことができない

そんな人間が営業なんてできるわけない。
まして契約なんて取れるわけない。

それが大多数の意見かと思います。

営業トークの本もたくさん市販されていて
営業が苦手な人が購入したりしています。

私も購入したことがあります。

会社でも上司や先輩から営業トークのスキルを学んだり
教えてもらったり、人間関係の作り方を教わったり。
勉強熱心に学んだものです。

あなたは、もし、自分が話が上手で
営業トークもバッチリだったら
お客と人間関係が作れて契約もたくさん取れる。

そう、思っているでしょうか。

もし、そうなら、今後も契約を取れない営業マンとして生きることになるかもしれません。

ハッキリ言いますね。

営業が死ぬほど苦手で、人と話すのが苦手で
契約がまったく取れない人がトップセールスになるには

営業トークは不要です

不要というか、返ってマイナスになります。

その理由は

営業トークとうのは「話術」「心理テクニック」の類だからです。

話術に長けている人が、人の心を操作するテクニックを使えば
確かに契約は取れるかもしれません。

あなたはTV、雑誌、インターネット、様々な場所で流されてる広告を見たことはあるでしょ?

話術に引き込まれ、焦らされ、褒められ、気づいたら商品を買っていた。
なんてことはありませんか?

で、買った後に後悔したこともあるかもしれません。

あんなに欲しくてたまらなかった物が
突然色褪せ、なんで買ってしまったんだろう
※商品を購入するということは=契約するということと同じです。

自分で買ったのに後悔するって、変じゃありませんか?

自分の意志で、自分で決めて買ったのに。

では、なぜ後悔したのか?

それは、「買わされた」からです。

つまり、意志操作、誘導されたってことですね。

営業トークで惑わされ、魅力的な商品、提案をされれば
まるで魔法にかけられたみたいに
「これは買うしかない」

そう、思ってしまうわけです。

営業トークに惑わされ契約し後悔したお客は
二度と契約してくれません。

私はそうした方法が本当にお客のためになるのか
お客が本当に必要で、満足してもらえるものなのか。
そう、考え提案をします。

なのでいきなり商品の説明はしませんし
仕事の話はしません。

どうして今回、この商品を選択しようとしているのか
なぜ必要なのかをじっくりヒアリングして
その上で、提案をします。

駆け引きなど一切しません。

マニュアル通りの会話などまったく役に立たないんですね。

これでトップセールスマンへと駆け上がったのです。

では、これがなぜ営業が死ぬほど苦手な営業マンならできるのか?
次回、詳しくお話しますね。^^

この記事を書いた人

平井淳一
平井淳一営業成績最下位ダメダメ営業マン専門 トップセールスマン育成コーチ
営業が苦手、コミュニケーションが苦手で契約が全く取れない営業マンの方を専門に、契約を取るためのコミュニケーションスキル、パーソナライズシステムの仕組み作りをサポート。

埼玉県を拠点に活動している
ダメダメ営業マン専門トップセールスマン育成コーチ

営業成績最下位ダメダメ営業マントップセールスマン育成講座

以下の特典をお付けしています。

【特典】

・トップセールスマンへのビクトリーロード音声動画
・トップセールスマンになるための裏極意虎の巻第1巻
・トップセールスマンになるための裏極意虎の巻第2巻
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です