リフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法

こんにちは。
リフォーム営業成績最下位ダメダメ営業マン専門
トップセールスマン育成コーチ

トライアングルtoトップ
代表

平井です

 

前回の記事で、リフォーム工事で
年間一億円の売り上げを達成するには
月に500万円~1000万円以上の契約が必要ですよとお話ししました。

 

⇒前回の記事

 

リフォーム客を感動させる建築先読みスキルを身につけよ

 

しかし、リフォーム工事平均単価は
数十万円~100万円ほどなので
月に500~1000万円達成というのは
非常に困難であるかと思います。

 

あなたも、毎月の売り上げが達成できず
苦しんでいませんか?

 

それなのに500万円とか1000万円の契約なんて
とても無理だと感じてませんか?

 

しかも、高額なリフォーム工事の場合
営業マンとしての仕事も多いし
他の案件に手が回らなくなるから
自分に月に500万、1000万の契約なんて無理だ・・・。

 

そうですね、普通に考えればそうかもしれません。

 

しかし、工事単価が高く
営業マンとしての仕事もあまり多くない
手離れが良く、効率の良いリフォーム契約を
取ることが出来たとしたら?

 

しかも、その工事契約が年間を通して
安定感抜群なものだとしたら?

 

そんな契約を取ることができれば
一億円プレイヤーも夢ではありませんよね?

 

今日は

 

契約単価が高いリフォーム工事とは
リフォームでトップセールスマンなるために取るべき契約
リフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法

 

に、ついてお話しします。

 

また、今回

 

私が年間、一億円を達成してきた経験をふまえ
お話ししていこうと思います。

契約単価が高いリフォーム工事とは

リフォーム工事には様々なものがあります。

 

水漏れ修理から全面改装まで
建物全てにおいてリフォーム工事は発生します。

 

あなたはお客様からリフォームの依頼を受け
契約し、工事につなげることが仕事かと思います。

 

しかし、リフォーム契約(工事)にも
手のかかる工事と、手離れの良い工事があります。

 

さらに

 

手がかからないわりには、契約単価が高いリフォーム工事があります。

 

私は、トイレの水漏れから全面改装まで
年間を通して全ての工事契約を頂いていましたが
中でも突出してリフォーム契約が多かった工事があります。

 

それは

 

外部リフォーム工事です。

 

外部リフォーム工事は

 

屋根の吹き替え、外壁補修、外壁張替えなど
比較的広範囲の工事です。

 

あなたもご存じかと思いますが

 

工事自体はあまり複雑ではありませんが
広範囲がゆえに、工事単価が高くなります。

 

外部工事の中でダントツに契約が多かったのが
外壁、屋根の塗装工事です。

 

平均工事単価は150万円~200万円ほどです。

 

これは、水廻りでいう所の
キッチン、トイレ、浴室リフォームの
複合工事の工事単価になります。

 

外部塗装工事の内容はあなたもご存じかと思いますが

 

足場工事、養生、高圧洗浄、塗装

 

という、大きくわけて4工程しかありません。

 

水廻りリフォームなどは倍以上の工程がありますから
それと比較するといかに手離れがいいかわかります。

 

営業マンとしては、外部の色をお客様に決めて頂く
という仕事がメインですから、他のリフォーム工事と比較すると
かなり楽な工事とも言えます。

 

月に500万円程度であれば
外壁リフォーム工事と数件のリフォーム工事の契約をもらえれば
難しい数字ではないんですね。

 

このように、月、500万円~1000万円という
高額な契約金額をクリアするには
外部塗装工事の契約を一件でも多く取ることで
目標をクリアしやくすなるとうことです。

リフォームでトップセールスマンなるために取るべき契約

リフォーム営業マンとして
トップセールスマンになるには
ダントツの売り上げを作るこということは
あなたも理解されているかと思います。

 

では、年間、一億円もの売り上げを作るにはどうするか。

 

前章で、「外部リフォーム工事」の契約を頂くことで
売り上げ金額を大幅にアップさせることができるということは
すでにお話しをした通りです。

 

しかし、外部リフォーム工事を
年間4000万円ほどの契約をもらっても
まだまだ一億円という金額には達しません。

 

ここで、私がどのようにして
年間、一億円の売り上げを作ることができたか。
そして、それを実現するにはどのような
契約を取ってきたのかをお話ししますね。

 

私は、トイレのリフォームだけとか
浴室のリフォームだけとかの
単体の工事契約はあまり多くはありませんでした。

 

一般的なリフォーム営業マンの場合
トイレのリフォームを依頼されたら
便器の入れ替えだけの契約を頂くかと思います。

 

しかし

 

私はトイレリフォームの相談を受けると
便器の入れ替えから、様々な部位のリフォームを提案し
複合工事の契約を頂いていたのです。

 

なるほど!

 

トイレ以外のリフォームをバンバン提案すればいいんだな!

 

と、そう思っているでしょうか?

 

それは少し違います。

 

闇雲に提案したところで

 

「そんなことまで頼んでいないよ!」

 

と、お客様の心証を悪くしてしまいます。

 

トイレリフォーム以外に複数個所の提案をするには
そこまでのプロセスをしっかり作りあげることが必要なのです。

 

そもそも、私はこのブログで何度もお伝えしていますが
「お客様を幸せにする」ことが
リフォーム営業マンの本質であると考えていますから

 

根拠のないリフォーム工事を押し付けるなんてことは
絶対にしません。

 

では、なぜ、複合工事の提案をできるのか?

 

それは、「傾聴」を使い
しっかりヒアリングをしたからです。

 

なぜ、トイレリフォームをしたいのか。

 

その質問をお客様に投げかげることで
様々なことがわかってきます。

 

水廻りが古くなっている。
キッチン、浴室も古くて使いにくい。

 

その中でもとりわけ、トイレだけが
古くて、使いにくく我慢ができない。

 

この話しを聞いて、あなたなら
どのように話しを展開していくでしょうか。

 

では、トイレのリフォームをしましょう。

 

で、終わってしまうから
普通のリフォーム営業マンは
売り上げが伸びないわけです。

 

「水廻りが古くて使いにくい」

 

と、いうキーワードから

 

お客様の深層心理を読み解くと
全ての水廻りを一新し
ストレスのない生活を送りたいと思っている。

 

このように考えられるわけです。

 

そこで、なぜ、今回はトイレリフォームだけを希望するのか。

 

それを掘り下げていくわけです。

 

このような感じで、私は

 

お客様が心の底では困っていること
改善したいことをヒアリングし
お客様の希望に合わせトイレだけのリフォームから
水廻り複合工事へと横展開していったのです。

 

リフォーム工事で契約金額を増やしていくには
小さな工事を積み重ねていくのも大切ですが
これはとても時間がかかりますし
同じようにあなたの行動できる時間も減っていきます。

 

リフォームでトップセールスマンになるために
取るべき契約は

 

複合工事の契約

 

と、いうことを覚えておいてくださいね。^^

 

リフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法

あなたがリフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法は
なんとなくおわかり頂けたかと思います。

 

外部リフォーム工事
複合工事の契約を頂くようにする・・・。

 

そう、口では簡単に言うけど
それができれば苦労はしないよ!

 

そう、思っていますか?

 

普通に考えればそうかもしれませんね。

 

トイレリフォームの件で訪問して
浴室リフォームやキッチンリフォームを
何の脈絡もなく提案されたら

 

お客様は押し付けられた

 

と、考えるでしょう。

 

そんな営業マンを信頼してはくれません。

 

だからこそ「ヒアリング」が重要なのです。

 

しかも、ヒアリングの中でもさらにレベルが高い
「傾聴」のスキルを実践することで

 

お客様が本当に困っていること
心の底では希望していることを
読み取り、それを解決するわけですから

 

押し付けではなく

 

自分たちの悩みを解決してくれる
救世主とさえ、思ってくれます。

 

事実、私は

 

お客様から
「困ったことがあっても平井さんに相談すれば大丈夫」
と、言ってもらっていましたから。

 

つまり

 

リフォーム工事で最短で契約一億円を達成するには
多くのお客様から「信頼」を頂けばいいだけの話しなのですよ。

 

そして、お客様から信頼を頂くための第一歩が
「傾聴スキル」の習得なのです。

 

傾聴スキルについては

 

あなたがそのスキルを身につけられる方法まで
こちらで詳しく解説しています。

 


営業最下位リフォーム営業マンが一年でトップセールスマンになった方法

あなたがもし

 

本当に最短でリフォーム営業で一億円の契約が取れる
トップセールスマンを目指すなら
ぜひとも、私が実際に一億円の契約をもらい
トップセールスマンになった方法をご覧になってください。

 

必ずあなたの心に残る時間が過ごせると思いますよ。^^

 

では、話しをまとめます。

 

■契約単価が高いリフォーム工事とは

 

月、500万円~1000万円という
高額な契約金額をクリアするには
外部塗装工事の契約を一件でも多く取ることで
目標をクリアしやくすなる。

 

■リフォームでトップセールスマンなるために取るべき契約

 

リフォーム工事で契約金額を増やしていくには
小さな工事を積み重ねていくのも大切だが
これはとても時間がかかる。

 

リフォームでトップセールスマンになるために
取るべき契約は複合工事の契約である。

 

■リフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法

 

リフォーム工事で最短で契約一億円を達成するには
多くのお客様から「信頼」を頂けばいいだけ。

 

そうすると、複合工事の契約を取れるようになる。

 

そして、お客様から信頼を頂くための第一歩が
「傾聴スキル」である。

 

さて、いかがでしたか?

 

今日は

 

リフォーム工事で最短で契約金一億円を達成させる方法
に、ついてお話ししてきました。

 

ただ、記事を読み関心するだけではなく
自らスキルを身につけられるよう
努力を重ねていってくださいね。

この記事を書いた人

平井淳一
平井淳一営業成績最下位ダメダメ営業マン専門 トップセールスマン育成コーチ
営業が苦手、コミュニケーションが苦手で契約が全く取れない営業マンの方を専門に、契約を取るためのコミュニケーションスキル、パーソナライズシステムの仕組み作りをサポート。

埼玉県を拠点に活動している
ダメダメ営業マン専門トップセールスマン育成コーチ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です