あなたに伝えたいこと

待っていても誰も声をかけてはくれない

待っていても誰も声をかけてはくれない

今、中高年以上の独身者がとても多い時代ですよね。
僕もその一人なので偉そうなことはいえませんが

【孤り】と感じている時間が長く
寂しく、どうしていいかわからないと悩んでいる人が増えてます。

これは「独身者」に限らず、夫婦間にも言えることで
ご主人、奥さんが働きに出ていつも家に独り
話し相手もいなくて、一日中家の中にいる

そんな生活の中で疲れていくんですよ。

そして、年老いたときに後悔してしまう。

自分は孤独に強い
独りが好き

あなたはそう思っているかもしれません。

正直、僕も独り暮らしが長いし
実家も離れたところにあり
半年、一年単位でしか帰りません。

生活の全てを独りでこなさないといけないし
助けが欲しくても、結局は自分で処理することが多いんです。

孤独感はありますが

そんな状態より、もっと辛いのは
夫がいるのに、妻がいるのに、家族がいるのに【孤独感】があることです。

「自分は結局独りなんだ」と強く感じてしまうことがあるんです。
話し相手が近くにいるのに・・・。

独身の僕からすると、それすら羨ましいですが
本人からすると「深刻」な問題なわけです。

でも、多くの人が「孤独を我慢」してしまう傾向にあります。
いや、我慢というよりか、心の中で

いつか自分も孤独から抜け出せる。
誰かがなんとかしてくれる。

そう、思っているのではないでしょうか。

奇跡的に「良い出会い」が向こうからやってきて
独りから抜け出せることもありますが
今のまま、何もしなければ、まずそんな奇跡は起こりません。

「待っていても誰も声をかけてはくれない」んですね。

自分が何もしなければ何も起こらないし
あなたに幸せが訪れることもない。

世の中というのはあなたにとって「優しく・甘い」ものではないんです。

僕は内向的な性格で
友達も少なくて、独りで遊ぶことが多かったんです。
彼女もいなくて、長期休みのときは家でゴロゴロすることもあってね。

でも、いつか奇跡的な出会いがあって
自分は孤独から抜け出し幸せな生活が送れると思ってました。

ところが、何年たっても【奇跡的な出会い】なんてものはなく
気づけば年だけとってました。

よく考えて欲しいんですが

あなたが孤独で、奇跡的な出会いを求めているなんて
誰がわかると思いますか?

自分で言わないかぎり、誰もわからないですよね?

あなたに対し、よほど興味を持っているか
気にかけている人でない限り
あなたの心の中を察してくれる人はいないのです。

あなたがもし、今、「独り」だな・・・と感じているなら

自分から、周りの人に声をかけてみてください。
そして、イベントやサークル、お茶会などがあれば
時間を作って参加してみてください。

待っていても誰も声をかけてはくれません。

あなたから声をかけてみましょう。^^

ピックアップ記事

  1. コンサルティングセッションを受けると人生観が変わります
  2. 気遣い、段取り、進行パーフェクトってほめられました
  3. あなたの為なら・・・と言ってくれる人が何人いますか?
  4. トップセールスマン御用達メルマガ配信はじめます
  5. 人に裏切られました

関連記事

  1. あなたに伝えたいこと

    変化をすること、新しい道に進むことは「人の想い」も背負っている

    変化をすること、新しい道に進むことは「人の想い」も背負っている…

  2. あなたに伝えたいこと

    人を救えるのは人しかいない

    世の中は愛で溢れている僕はこれまで…

  3. あなたに伝えたいこと

    自分が自分がは100%嫌われるよ

    自分が自分がは100%嫌われるよ私は・・・私が・・…

  4. あなたに伝えたいこと

    怒りに任せて行動しても何も生みませんよ

    怒りに任せて行動しても何も生みませんよ仕事でも、家庭で…

  5. あなたに伝えたいこと

    苦しくても絶対してはいけない選択

    苦しくても絶対してはいけない選択最近、カウンセリングの数が…

  6. あなたに伝えたいこと

    自分はどんな未来を望んでいるのか考えてみよう

    自分はどんな未来を望んでいるのか考えてみよう会社での悩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. あなたがやるべきact

    男子と女子の励まし方を間違えると信頼感が不信感になる
  2. あなたに伝えたいこと

    あなたは自分の悩みの深さに気づいているだろうか
  3. 雑記

    少し居場所を変えてみます
  4. あなたに伝えたいこと

    正面から来る球を全て受けようとするから疲れるんです。
  5. あなたがやるべきact

    自分をさらけ出すことはわがままになることとは違います
PAGE TOP