あなたに伝えたいこと

人が一番「嫌だな」と思う他人の態度は?

人が一番「嫌だな」と思う態度は?

営業の仕事をしていると、様々な年代のお客様と会います。
その中でも、50代~70代のお客様に会うことが多いんですが
この年代の方は、損得よりも【人】の触れ合いや気遣い
思いやりとか、接し方を大切にします。

若い人であれば

その場のノリとか、冗談も通用しますが
年配の人の多くは、常識とかモラル、気遣いを大切にします。

正直言えば

常識、モラル、気遣いというのは
対人関係では年代関係なしに一番重要なのではないかと思うんですよ。

でも、それが驚くほどできていない人が多いようです。
自分が人を怒らせているとか、人に嫌な思いをさせているとかの
自覚すらしていない人もいたりします。

円滑な人間関係を築くには、人を不快にさせない
人に嫌な印象を与えないというのが大前提になります。

当たり前ですよね。(^^;

仕事であれば、さらに気遣いが必要になります。
相手はお客様ですからね。

実は先日、こんなことがありました。

僕が担当しているお客様から
我が家の担当が「淳さん」に代わって本当に良かった。

突然、そういわれたんです。

理由を伺うと

前任の担当の態度にご主人が腹を立て
うちの会社を切るつもりだったとのこと。

で、その前任の担当というのが・・・
僕の会社の「上司」だったんです。

驚きですΣ(・□・;)

どんな対応だったのか聞くと

「上から目線」「偉そう」

だったそうです。

自分ではそんなつもりはなくても
相手からすると、そうとらえられてしまうということは
あきらかに、相手に不快感を与え、嫌な気持ちにさせてしまっている。

男性、女性に関わらず

「上から目線」「偉そう」な態度は人からすると
一番、嫌だと思わせてしまう対応です。

かといって、ペコペコするとか、へりくだる対応が一番良いかというと
それも違うんですね。

人と人が会話をしていく中で

ほどよい対応というのがあります。

相手を敬ったり、気遣うことが自然にできる人というのは
人間関係を円滑にすることができます。

相手によっては

友達のように接したり、親のように接したり
恩師のように接したり、本当に様々です。

僕は人によって、対応を変幻自在に変えていますが
これは正しいコミュニケーション方法を身に着けているからできるんですね。

僕は、いくら年下だとはいえ
自分の上司に「態度」を改めるべきとは言いません。
自分で嫌な経験をし、自分で気づくべき立場だからです。

それが自分の後輩、部下なら諭すように話しますけどね(笑)

「偉そうな態度をとっていないか」

「上から目線で人に接していないか」

自分の心に問うてみてください。

この2つを自覚できれば
あなたの人間関係は円滑になってくるはずですよ^^

ピックアップ記事

  1. 若い世代には説教でなく応援が必要
  2. 僕があなたに伝えたいこと
  3. コンサルティングセッションを受けると人生観が変わります
  4. 気配りの達人になればあなたの評価はパーフェクトになる
  5. 気遣い、段取り、進行パーフェクトってほめられました

関連記事

  1. あなたに伝えたいこと

    大丈夫!と言ってもらえる存在はいますか?

    大丈夫!と言ってもらえる存在はいますか?人が成長するタ…

  2. あなたに伝えたいこと

    契約がもらえない人の共通点

    契約がもらえない人の共通点僕は設計に加…

  3. あなたに伝えたいこと

    変わってゆく人を見てうらやましいと思いますか?

    変わってゆく人を見てうらやましいと思いますか?…

  4. あなたに伝えたいこと

    自分の常識が人を傷つけることもあります

    自分の常識が人を傷つけることもあります【常識】ってご存…

  5. あなたに伝えたいこと

    怒りに任せて行動しても何も生みませんよ

    怒りに任せて行動しても何も生みませんよ仕事でも、家庭で…

  6. あなたに伝えたいこと

    世の中便利になって失ったもの

    世の中便利になって失ったもの先日、年配のお客と話す機会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. あなたに伝えたいこと

    無料カウンセリングと有料カウンセリングの決定的な違い
  2. あなたに伝えたいこと

    男性と女性の思考の違いを理解すればうまくいく
  3. あなたがやるべきact

    自分を好きになるとポジティブパワーがさく裂する
  4. あなたに伝えたいこと

    心理テストを受けたことで本当の自分がわかった
  5. 雑記

    自分もまだまだダメと感じる瞬間
PAGE TOP